読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心にかえる

初心にかえろう

 

私は思っています。今。

 

大学に入った理由は、高校が進学校だったから。ただそれだけです。

 

与えられたレールの上で進み、

みんなが◯◯に行くから

ただそれだけで進んできました。

 

だからでしょうか。

やりたいことが未だに見つかりません。

ある程度、自分の欲求に従って行動してきましたが、それは本当にやりたいことだったのか。

 

ミーハーな私は、

留学ブームの時は英語をやりたいといい、

みんながサークルに入った時は私もサークルに入りたいといいました。

 

その方が楽だからです。

 

考えて、自分で土台を作って行くよりも

 

サークルとか何かの団体みたいに

 

活動前からしっかりと土台が出来上がっていて

知名度もあって、実績もあって。

 

そこに私は身を置くだけ。

そういうことをしているうちに、私の本当の意味での興味関心が分からなくなっていきました。

 

自分色が無いんです。黒に染められたら、黒になる。白に染められたら白になる。

 

変わりやすいんです。

感情、やりたいこと、興味関心。

 

だから、常に自分が分からないんです。

 

行動力はある程度ついたと思うんです。

やりたいことも、やってきました。

 

だけど、改めて振り返ってみると

安心感とか名声とかそういうものを

余りにも求めすぎていたのかなと。

 

大学は大きく学ぶところです。

 

まだ私は、深い意味での、大学レベルで求められている学びは少しも出来ていないんです。

 

薄っぺらい表面上だけの知識を披露したところで誰も食いついてはくれません。

 

私は深い学びが足りないと気づきました。

そして、初心を忘れてしまった。

 

ここでの初心の定義は

小学校の頃からの気持ちのことです。

 

やりたいと自分から思った事に純粋に真摯に取り組んだ。机にかじりつく日もあれば、仲間と遊ぶ日もあった。スポーツをしていたときも。

あの頃の純粋な、自然と出てきた

 

やりたい!

 

という気持ち。

 

同じやりたいでも、絶対的な何かが違うなと。

 

心の声に今年は耳を澄ましたいと思います。

 

自分の心の声と。

 

そういう意味で、初心にかえろう

 

です。

 

英語と文章の勉強してきます。

 

end...