読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイクの力

 

日記これから朝書こうかな。

頭が無駄に冴える気がする。気がする。笑

 

高校まではノーメイクだったし、口には多少色付きリップとか使ってたけど、プチプラ志向で薬局で買う程度。化粧品は高いし、そこにお金使う必要ないなって思ってました。

 

でも、大学入って茶髪に染めだしてから、

眉毛の色が髪色と合わないとか思うようになって、母と一緒に母の行きつけの化粧品屋さんへ。その当時はこびりついたニキビに相当メンタルやられてるときだったから、化粧したら余計悪化するし、このニキビは化粧では消えないんじゃ...???

て思ってた。肌の状態とかチェックしてもらって美容部員さんが一言。

「このニキビは絶対治ります!!!」

嘘だとしても、プロに言われたのは本当に嬉しかったの覚えてるなー。誰よりも説得力あったね。笑  周りの子には、もうニキビについて触れられることもなくなってきて、少しの治る可能性を信じていた自分も信じられなくなってきて、、、本当に跡残るのかなって不安でいっぱいだった。受験期の成果物。笑

 

元々、かさぶためくったり、ニキビいじったりしないと落ち着いていられなかったから中々治らなかったってのもあるけど。

 

でも、化粧し始めてから、ファンデーション取れたら嫌!化粧くずれたら嫌!って思いで肌を全く触らなくなったし、洗顔もいいやつ使い始めて毎日丁寧に洗い始めた。

 

そしたら、ニキビが1こ、また1こと消えてみるみるうちになくなってきた。

見るのも恐ろしかったスッピンも見れるようになった。本当の自分の姿とご対面。

跡形もなく、綺麗に消えてました。

 

お母さん大喜び。もちろん私も大喜び。

メイクで肌荒れ、ではなくメイクでニキビ治療しました。笑

どんな薬塗るよりも1番効果的だったかな。笑

 

その後は、色々メイク動画も雑誌も見始めて

ついに、デパートコスメ、テパコスを買うように。笑  服1着買える値段ですね。

 

ニキビだけじゃなくて、自分の顔に元々凄くコンプレックスがあったけど、メイクの力で文字通り化けれるように。

 

女の特権やなぁ。今ではマスクなしでも街を歩けます。人と目も合わせれます。

 

メイクの力で偉大だなぁって思った日でした。

 

感謝。

 

end ....