読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡で見た時と写真で見た時〜女子あるある〜

これは私だけであろうか。

 

鏡で自分を見た時と

写真で自分を見た時

 

顔、違くないか??????

 

超絶可愛い子は別として。

お化粧して髪の毛をくるりと巻いて仕上がった、化けた顔。

今日割と可愛くなったやん!!!!

いい感じ!

そんな日こそわたしは写真を撮りたくない。

これも前のブログと重なるところあるかも。

 

それは、現実を知るから

 

加工のない写真でパシャり

 

自撮りならまだしも(あまり好きではないが)

他の人に撮ってもらうと、

 

思ったより目が小さい

思ったより髪色があってない

思ったより眉毛が黒い

思ったより太ってる

 

だがしかし、他人が撮った写真というのは

他人からみた自分の姿なのだから

それが真実なんだろう。

 

そっと携帯を閉じる。

自分が盛れてる写真だけ、保存。

 

だから、SNSで顔写真、ましてや全身の写真なんてほとんど載せない。

自分がミニマムに写ってて、うまく撮れてるやつだけ載せる。

 

だから、普通に何枚も写真を投稿できている人は素直に羨ましいと思う。

 

この人達は、私のようなギャップは感じていないのだろうか....

 

鏡で見た時とのギャップ...

 

自分はどこまで真実の鏡から目を背けたがるんだろう。

 

写真撮ろ!!!!

 

最近はカメラの技術も進歩して、前よりは写ることに抵抗は無くなったけど、それでも私は写真が得意ではない。

 

撮って撮って〜〜!!!

 

という気にもどうしてもならない。

 

ひたすら、女子大生感が皆無である。

 

本当の姿を写し出された時、私の顔は

大体真剣だ。

 

とても真剣である。笑ってない。

 

慣れてないせいか笑顔が妙に引きつっている。

 

女という生き物は、写真に写る時でさえも

カーストがある。

常に真ん中で写る人と端っこで写る人。

なぜか、自然と。でも、半ば強引に。

 

わたしは正直1番端っこじゃなければどこでも良い。そもそも、綺麗に写る場所なら。

 

これは、女子あるあるなのか。

 

それともわたしだけなのか。

 

分からないけれど、とりあえず

鏡で見た時と写真で見た時は

顔が違う。

顔が違うのだ.....

 

私にも来るのだろうか。

 

写真撮ろ!!撮って撮って!!!!

 

と言える日が。

 

end....