読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主人公になりたい

こんな夜に投稿。

 

昔からそうなんです。

 

昔から昔から、なぜか

楽しいこと大好きなのに

友達欲しいのに

純粋に凄いと思うのに

 

何故か冷めてる感情もあって。

 

遡れば幼稚園くらいからなのかなー。

友達がキャピキャピしてるのを見て、楽しそうだな〜〜と思いつつも、子供っぽいなとか目の前で見せつけんでとかどーでもいいとかダサいとか笑顔の裏にはこういったどうしようもなく冷めた自分が見え隠れしてて。

 

どこから湧き上がってくるのか分からない冷めた感情.....。

 

何かを楽しみつつも、ふと我を振り返る時に何やってんだ自分、とかダサいとか。

 

純粋に心から楽しめたこと無いかもしれない。

 

結構、私は心が複雑に作られているようだ。

きっと他の人より。

 

人は人と比べる。それによって自分の地位や価値観を見出す。

 

常に人より優っていたいとする自分。

この感情や欲望ってのは誰しも持ってるはず。

 

私もそうだ。

人より上に立ちたい、尊敬されたい

もしかしたら見下してるのかも。

 

見下してるよな、多分。

大した才能も魅力もないのに、結構自分を過大評価してるとこは昔からある。

だから、ペーパーテストで順位とか点数を見るのが嫌だった。だってそれは事実だから。まぎれもない事実だから。

誰だって出来の悪いテストなんて見返したくないし、公表したくない。

でも私はその感情が人一倍強い。

 

自分が自分を勝手に演じて作り上げて、そして一歩外に出るとわたしは理想の自分になりきって仮面をかぶる。

 

わたしは大人なのよ。

わたしはそこらの人ときっと違う。

きっと誰かが声を掛けてくれる。

 

我ながらとんだ勘違い野郎だと思う。

 

自分は自分の人生の主人公。

これは誰だってそう。

 

だけど、私は他人の人生までも脚を踏み入れたがる。誰かの特別な存在になりたくて。誰かのナンバーワンになりたくて。

 

その思い描く自分に近づくために、変にすまし顔してみたり、かっこつけた発言してみたり。

 

集団で集まってても、自分がその集団の主人公じゃないと分かった瞬間、途端に話す気がなくなる。輪に入る気がなくなるのだ。

 

とにかく私は主人公になりたい。

 

昔からそう。脇役は絶対嫌。学芸会は必ず主役。ツンツンしてた。昔の方が。

 

今はそんな自分に嫌気さえして、

協調性をもとうとしたり、過度に尖った言動は控えたり。

 

それはそれでいいんだ。柔軟に生きることも、カメレオンのように場の空気に合わせて自分を彩っていくことも悪いことじゃない。

 

でも、でも、本気で楽しめてないのはなんで????冷めてるのはなんで??

 

きっとそれは、主人公になれてないから。

 

だから私は今自分に自信がない。

自分の言動や行動に自信がない。

 

自信がないなんて言葉、小さい頃は全く使ったことなかった。

 

 

大学に入ると、凄いことしてる人間が沢山いて、魅力があって自然に主人公になってる人も沢山いて。

 

でも、でも、本当は私が主人公になりたい。

 

歴史に残るまではいかないけど、雑誌に取り上げられるくらいには。

 

主人公になるにはどうすれば????

 

私の場合、泥臭く地道にやってくしかないのだろう。はぁ、主人公になる道のりは遠そうだ。。。

 

end...